【ソファの爪とぎ対策】猫のひっかき傷が気にならないSIEVEのソファ

【ソファの爪とぎ対策】猫のひっかき傷が気にならないSIEVEのソファ

引っ越しでソファを購入した際、猫を飼うことを前提に、ペットのひっかき傷や汚れに強い+pet by SIEVEのフォームローソファを選びました。実際にぽぽと暮らすようになってから、傷や汚れを気にしなくていい安心感を実感してます。

北欧テイスト漂うSIEVEのペット対応ソファ

私たちが引っ越しをしたのは2019年6月。偶然にも、時を同じくしてSIEVEからペット対応生地を使った「+pet」シリーズの販売が開始されました。

コンセプトは「ペットと飼い主が同じ目線で生活を」。北欧テイストのソファに、ひっかき傷や汚れに強い生地が採用され、心置きなくペットと一緒に使えるシリーズです(オプションで撥水加工も付けられます)。

もともとSIEVEは比較的お値段が手ごろで気になっていたブランド。何十万も出すのは気が引けるけど、良いソファを長く使いたいという希望にぴったりでした。

SIEVE form low sofa(+pet)を購入

なかでも気に入ったのが、form low sofa(フォームローソファ)。

狭い家でもロータイプなら圧迫感がなさそうというのが決め手でした。座面が広く、2つ並べればゆったりと横になることができるサイズです。

ぽぽとSIEVE form low sofa(+Pet)
ぽぽ「あ、なんか撮ってます?」

取り外して洗えるカバー(ペット対応生地 FUZZ)は、猫の爪が入り込みにくい人工スエード生地。カラーは10色展開です。我が家では壁や他のインテリアの色とのバランスを考え、グレーとブルーを選択しました。

質感はスエード調
スエード調のなめらかな質感

ブルーは差し色になりながらも、鮮やかすぎない落ち着いた色味。シンプルなので、柄の入ったクッションがよく映えます。

SIEVE form low sofa(+Pet)とソファ
クッションを置いてみるとこんな感じ

後ろは木のフレームがしっかり支えているので、背もたれに体重をかけてもぐらつきません。

SIEVE form low sofa(+Pet)裏側
ぽぽ「ぽぽもチェックするわ」
SIEVE form low sofa(+Pet)裏側とぽぽ
あ、ちょっとぽぽ見えないよ

実際に使ってみて、ソファに傷がつかないかチェック

ソファやクッションの隙間に入ったおもちゃをズボッと捕まえるのが好きなぽぽ。

form low sofaにズボッとするぽぽ
ねこじゃらしめがけてズボッッッ

勢いよくジャンプしたりすべり込んだりするので、遊んだ後はソファの表面に爪の跡がつきます。

form low sofaにひっかき傷
ぽぽがつけたひっかき傷

でも、遊んだ後にちょっと手でゴシゴシすると……

ひっかき傷をこする様子
ゴシゴシすれば

目立たなくなります。

表面のひっかき傷が消えた
このとおり

さすがペット対応生地。ぽぽはソファの背もたれで爪とぎをすることもあるんですが、背もたれも今のところ傷は見当たりません。

一番助かったのは汚れのつきにくさ

購入前に気にしていたのはひっかき傷のことでしたが、実際にぽぽと暮らし始めて一番助けられているのは、汚れがつきにくい点かもしれません。

鼻炎持ちのぽぽがあちこちで鼻水を飛ばすので、時にカピカピになった鼻水をソファで見つけることも。でも、乾く前はもちろんのこと、カピカピの鼻水もウエットティッシュで拭けばOK。

今のところ汚れが取れなかったことはありません(ちなみに撥水加工オプションはつけていません)。

SIEVE form low sofa(+Pet)
ぽぽ「心置きなく くしゃみできるわ」

ひっかき傷にしても、汚れ(というかほぼ鼻水)にしても、「あーやってるやってる」とゆったり構えていられるのは、すぐ消えるとわかっているから。

おかげで心にゆとりが生まれています。


SIEVE form low sofaはペットと愉しむインテリアショップ【uminecco(ウミネッコ)】で購入できます。

猫グッズ・サービスカテゴリの最新記事