環境変化でストレス?保護猫のトライアル中に血便で動物病院を受診した話

環境変化でストレス?保護猫のトライアル中に血便で動物病院を受診した話

トライアル初日からリラックスしているように見えたぽぽですが、ある日突然、血便が……。猫の中にはストレスを感じても我慢強い子がいるので、注意が必要だと思い知った出来事です。

環境変化の影響はトライアル開始から数日後に発覚

ぽぽのトライアル(保護猫の譲渡前に自宅で相性を見るお試し期間)が始まったのは2019年11月末のこと。

環境変化によるストレスが心配でしたが、最初の数日間は少し遠慮がちだったものの、ごはんもトイレも問題なし。あまりに順調だったので、人慣れしている猫だから意外に平気なのかな?なんて思っていました。

ケージの上に座る猫
うちに来た翌日にはケージの上にどっしり構えていたぽぽ

(正直、ぽぽに会いに週1ペースで保護猫カフェに通っていたので、私たちへの警戒心も薄らいでいるのかも!なんて驕りもあったり……)

が、5日目に突然、血便をしてしまいました。

幸いなことに近所の動物病院の営業時間内だったので、すぐに電話。初診である旨と、環境変化へのストレスかもしれないので、猫への負担を考えてまずは便だけで診断してもらえないかと伝えると、快く応じてもらえました。

ひとりになりたくてこたつの中に隠れる猫
ひとりでいたい時はこたつに隠れてました

診断結果は「ストレスによる血便の可能性」

問題の便をジップロックに入れて動物病院に持参すると、獣医師さんが顕微鏡で回虫やウイルスがいないかを検査してくれました。結果は問題なし。

トライアル中という状況からも、ストレスによる血便なのではないかということで、整腸剤を処方してもらい、何かあれば後日改めてぽぽ自身を連れてくることに。

もともとぽぽが家に慣れたら健康診断を受けさせようと目星を付けていた病院でしたが、血便以外のことについても思っていた以上に親身にアドバイスしてくださり、助かりました。

病院を拒否する猫
でもぽぽは二度と行きたくない

整腸剤で回復。体調は記録するようになりました

翌日から血便が出ることはなくなりましたが、「薬は飲みきってください」とのことだったので、ぽぽには処方された5日分の整腸剤がなくなるまで飲ませました。

後から振り返ると、毎日ごはんをモリモリ食べてよく寝てトイレも問題なくても、それは実は単にぽぽが我慢強いタイプだっただけ。もっと心を配らないといけないと反省しました。

人間の体調を見守る猫
ぽぽ「私もいつも見ているわ」

それからというもの、1日のお水の摂取量や便の状態、その他気づいた異変があればGoogleカレンダーに記録するようにしています。

猫の病気・保険カテゴリの最新記事